中国特許出願

 IPFグループには、中国特許出願を中心としたサービスを提供する「IPF中国専利代理事務所」があります。詳細はこちら(別ウェブサイト)でご紹介しておりますので、そちらをご参考ください。

特徴

・中国専利権紛争の現場に精通した、日中の弁護士・弁理士らが直接参画する中国現地の専利代理事務所

・中国における知的財産権の創成から、保護、活用まで、ワンストップでのサポートが可能

・中国弁護士から見た、訴訟に耐えうる「使える専利権」の出願サポートが可能

・AI翻訳技術を導入することにより、品質の正確性・安定性、価格・納期面での優位性を実現


クリアランス調査

 特許権のほか、日本と比べて利用されることも多い実用新案権について、クライアント様のビジネス、実施技術内容を把握した上、関連権利の検索、調査、検討を行います。

 ターゲット企業ごとの特許リストの作成や保有権利をビジュアルで把握しやすいマップの作成といったマクロな作業から、中国訴訟実務に照らしたピンポイントの詳細検討といったよりミクロな作業まで、ご要望に応じて、クリアランスの全プロセス/一部プロセスをサポート致します。


無効審判

 クリアランスの結果、ビジネス遂行の妨げとなり得る権利に対しては、ご希望に応じて無効審判も対応可能です。ここでも訴訟同様、技術系日本人弁護士がサポートさせて頂きます。

 もちろん、訴訟に付随して請求された無効審判に対する対応も、ワンストップです。