特定の企業に関するより具体的な経営状況、現場における稼動状況を把握されたいときにご利用ください。例えば、信用調査の結果では問題がなさそうであるが、実際の経営現場の状況も確認したい時、或いは、中国における競合他社の実態について確認したい時などがお勧めであります。また、調査のみならず、弊方では、海外メーカー企業様が通常では入手しにくい競合先の製品についても代行して購入するサービスを提供しています。

調査手法や取得可能情報例

・机上調査
 インターネット検索、当局公開情報、各種文献などを通じて、相手先企業の基本情報、知財権などを調査。場合には相手に電話して初歩的に関連情報を聞き出す。

・訪問調査
 専門の調査員を相手先企業へ訪問させ、生産、開発、販売、物流などの現地の稼働実態を把握。

・キーマンヒアリング調査
 相手先企業内部のキーマン職員、関係業界の有識者に対して、ヒアリング調査を行い、企業経営戦略、方針、細かい情報を把握。

大項目小項目
基本情報登記簿情報
(企業名、本社所在地、設立、資本金、株式構成、事業内容、沿革、生産拠点、関連会社など)会社組織図経営方針、経営戦略の方向性経営者の経歴、人となり、事業に対する取組姿勢、考え方実質支配者、政府バックグラウンド
販売力顧客先主要販売製品と売値販売台数販売チャンネル
製品開発力研究開発の方向性研究開発部の人員知財戦略、知財権件数
生産能力年間生産力、稼働率生産工程保有設備部品の内製化率納期
部品調達力サプライヤー調達コストダウン状況輸入部品割合調達リードタイム
サービス力サービス体制、サービス範囲、サービス価格体系
弊社調査得意分野

主要実績紹介

・中国における競合先鉄鋼メーカーの製品仕様調査(鉄鋼メーカーご依頼案件)

・中国最大のスマホ企業の実態調査(家電メーカーご依頼案件)

・中国における化学製品メーカーの実態調査(化学品メーカーご依頼案件)

・新エネルギー自動車メーカーの実態調査(自動車部品メーカーご依頼案件)

・競合先電子部品メーカーの製造プロセス仕様調査 (電子部品メーカーご依頼案件)

・中国競合先自販機メーカーの実態調査(電機メーカーご依頼案件)