IPF商標出願サービスの特徴

中国で商標代理事務所許認可を取得しているため、直接、中国での出願を実施しています。そのため、弊方では、リーズナブルな価格を保ちつつ、日本語対応、日本事務所品質サービスをご提供します。そして、日本企業依頼実績No.1の模倣対策専門部門もいるので、模倣対策との連動も可能であります。

商標出願までの対応ステップ

1. 出願希望内容の確認

まずは、下記フォームを通じて、出願希望内容をご連絡ください。初歩的にご希望内容を確認の上、進め方やお見積りなどをご提示申し上げます。必要に応じて、日本語堪能な中国商標代理人がお電話などで、内容を補足申し上げます。

なお、お見積り提示後、お打ち合わせ後に正式依頼なされない場合でも費用をご請求することは一切ありません。

2. 事前の商標調査

中国では先行商標の蓄積量が多く、商標出願した結果、先願と類似する関係で拒絶されてしまい、登録に至らないこともよくあります。拒絶による時間と費用ロスを防ぐために、基本的には、出願の前に商標調査を行うことを推奨いたします。※商標調査は約1週間程度かかります。

3. 書類準備・出願手続き

上記2つのステップを踏まえつつ、出願方針が決まりましたら、ご用意いただく書類などをお伝えし、必要書類をいただき次第、出願手続きを進めていきます。

お申込みフォーム

登録したい商標が、図形やロゴなどの場合は、その旨ご記入ください。

例えば、冷凍チャーハン、消費者向け空気清浄機など、なるべく詳細な形でご記入ください。

 お申込みのみで費用が発生することはなく、正式なご依頼は、弊所からの説明・確認後なのでご安心ください。また、IPFの関係者は法律上の守秘義務を負っていますので、外部に漏洩することはありません。